取扱品目

新材料

スライドシャフト・ステンレススライドシャフト・スライドシャフトパイプ・ステンレスメッキシャフト

※画像(表)をクリックすると大きく表示いたします。

スライドシャフト・ステンレススライドシャフト・スライドシャフトパイプ・ステンレスメッキシャフト
各種シャフトのご案内です。

●スライドシャフト(SUJ2相当)
 HRC58以上

●ステンレススライドシャフト(SUS440C相当)
 HRC56以上

●スライドパイプシャフト(SUJ2)
 HRC58以上

●ステンレスメッキシャフト(USS304)
 外径公差 f8
 硬質クロムメッキ付
 メッキ硬度 HV750以上

 いる分だけ切断販売や、また機械加工も出来ます。

納期は、切断2日から3日ぐらい、
機械加工は実働で1週間ぐらいです。

ご相談ください。

サイズ表はこちら

硬質クロムメッキシャフト(機械構造用・非調質高強度鋼)

※画像(表)をクリックすると大きく表示いたします。

硬質クロムメッキシャフト(機械構造用・非調質高強度鋼)
硬質クロムメッキシャフトのご案内です。

●機械構造用硬質クロムメッキシャフト(S45C)
 外径公差 f8
 メッキ硬度 HV750以上
 
●非調質高強度鋼(S45C)
 外径公差   f8
 メッキ硬度   HV750以上
 材料表面硬度 HB212~277

1個から切断、機械加工致します。

納期は切断が2日から3日
機械加工は実働で1週間ぐらいです。

ご相談ください。

サイズ表はこちら

LEXシリーズ 低熱膨張材

※画像(表)をクリックすると大きく表示いたします。

LEXシリーズ 低熱膨張材
LEX ZERO

●実用金属材料では熱膨張係数(α)が最も小さいとされるスーパーインバーをしのぐ低熱膨張性を誇っています。高精度化に関する現状の課題はもちろん、今後の高度な課題についても解決できます!

α、ppm/K →0±0.19 究極のゼロ膨張材

規格品 400x400x150 (単位:㎜)

バンドソーで切断が出来ます。
これ以上大きい物は型による作成品になります。

<納期>
切  断 :5日から7日、
型での作成:14日から30日ぐらいです。

LEX-SF1

●スーパーインバー組成の低熱膨張合金はサブゼロ温度では組織が不安定となり、本来の低熱膨張性が得られなくなるため適用環境が制限されますが、LEX-SF1は-30℃まで安定したαを示します。
スーパーインバーより被削性が良好です。

α、ppm/K 0.8以下 スーパーインバーの被削性・低温安定性改良材


LEX-40K

●他のLEXと異なりLEX40Kは低熱膨張性が高温まで持続するため、573K(300℃以上)で使用される場合、寸法変化が最も小さくなります。また、汎用の球状黒鉛鋳鉄と同等以上の高温強度を持ち、耐酸化性にも優れています。

LEX-20K

●室温から300℃までの中温域において優れた低熱膨張性を有する。
鍛造性に優れ、極めて良好な内部品質と表面処理性、および機械的性質を有する。


LEX-ZERO NEXT

●LEX-ZEROは低温使用制限がありましたが、LEX-ZERO NEXTは-30℃で熱膨張係数が0.19(ppm/K),-50℃で熱膨張係数が0.4(ppm/K)と低温安定性を確保し、低温での使用も可能となりました。

LEX-STAR

宇宙空間対応材料です。+80℃から-80℃で熱膨張係数1(ppm/K)以下を保ち、+150℃から200℃で熱膨張係数2(ppm/K)以下を保ちます。更に、コバルト(Co)含有率1%以下で特定化学物質障害予防規則をクリアしています。

サイズ表はこちら

耐摩耗鋼の丸棒、HARDOX(ハルドックス)

※画像(表)をクリックすると大きく表示いたします。

耐摩耗鋼の丸棒、HARDOX(ハルドックス)
●HARDOX400の丸棒がでました。
 
 利点と特徴:耐摩耗性、高靱性、溶接性に優れている 

 ・写真は用途事例です。
  耐摩耗鋼板と同様に丸棒も活用してみてください。
  きっとお役に立てる事間違いなし!!

サイズ表はこちら

耐摩耗機械部品鋼のTOOLOX(トゥールックス)丸棒

※画像(表)をクリックすると大きく表示いたします。

耐摩耗機械部品鋼のTOOLOX(トゥールックス)丸棒
●TOOLOX(トゥールックス)44の丸棒

 HRC44前後の硬度を持つ丸棒です。
 
 <利点と特徴>
  ・残留応力が極小⇒加工歪みが少なく加工性良好。
  ・プリハードン鋼⇒熱処理済
  ・耐 熱 性 ⇒500℃の高温下でも性能維持。
  ・高衝撃靱性と耐摩耗性を持つ

サイズ表はこちら

  • 次ページ